トップ

学校の施設と設備の情報

新着情報

学校に必要な施設とは

学校は児童・生徒がその一日の3分の1を過ごす極めて重要な場所ですから、彼らが快適に勉強や運動のできる場所でなければなりません。まず、学習塾はほぼ例外なく空調が施設されているのに、公教育の場にそれがない逆転現象が生じているのは看過できない問題です。それでなくても、長すぎる夏休みは、子供やその保護者の大きな負担となっていますので、まず学校にエアコンなどをつけることです。また、いじめなどの問題でクラスの仲間と一緒に勉強できない子供が勉強するための個室も必要な施設でしょう。それから、校地が狭小で広い運動場がどうしても確保できない場合には、スクールバスなどで広い運動場に移動するのも大切なことです。

通信制高校体験&体験入学もこちら。
途中での編入も可能なので一日でも早く次のステップに踏み出す事が可能です。全力でのサポートが人気の秘密です。

偏差値

学校の施設や設備について

学校といっても、小・中・高校などいろいろな校種があります。小学施設が中・高と違うのは、グランドに遊具などがあることです。遊具で休み時間に遊んだりすることもあります。ほかの施設では、共通して体育館と校舎があります。水泳の授業があるので、プールもほとんどのところであります。校舎にある教室は窓が広く、ある程度の照度を保っており、明るいのです。子供たちが勉強しやすい環境になっています。学校施設としては、保健室や職員室、校長室などがあったり、音楽室や家庭科室、理科室などの特別教室や図書室、給食室などの司書や調理員がいるところもあります。