トップ / 学校に通えない子供の事

学校の施設と設備の情報

学校に行けない不登校児の元凶

学校とは勉学の知識を得るための場所である、とお考えの大人たちが数多くおられます。けれど勉学だけでは生徒たちは育ちません。生徒が生徒とふれあい、教師とふれあい、日常の中であらゆるものを学んでいく場でなければなりません。もしも学校が勉学だけで良いとされるならば、不登校になり家で勉学に励んでいれば良いのです。しかしそれではいけません。人と人とのふれあいの中で生徒たちは心身共に健やかに育っていくのです。だからこそ一人でも多くの不登校児を救っていくことを目指した環境作りに必死になるべきなのです。現在、増え続ける引きこもり、ニートの若者が多いのは、環境作りに失敗してしまった日本の大人たちの責任なのである。生徒たちを救ってやる事が出来なかった大人達が、ひきこもり、ニートを悪く言うのは見当違いなのである。

偏差値

不登校になる子供について

どの学校においても、登校しない、不登校の生徒・児童がいるものです。なぜ、来なくなってしまうのでしょうか。それぞれが抱えている問題があるのです。多い理由としては、いじめを経験して行きにくくなってしまうというパターンです。集団の中にはいろいろな子供がいます。個性もあり、それがぶつかり合ったり、また対人関係での感覚が異なったりすることで、発生してしまうのです。いじめは、子供の心を深く傷つけます。まわりの手助けや調整が必要になってくるのです。それがうまくいかないと、長い不登校に入ってしまうようになるのです。誰もが楽しく、元気に登校できる、そんな学校づくりをしてほしいものです。