トップ / 理学療法士専門学校選び

学校の施設と設備の情報

理学療法士を目指し専門学校へ

理学療法士の国家試験を受験する必要がありますが、その受験には養成校で3年以上学ぶことが必要となってきます。養成校には、大学や短期大学、4年制や3年制の専門学校、特別支援学校等がありますが、大学院で修士課程・博士課程を受け、研究職を目指す人もいます。大学と比べると、専門学校では理学療法士の専門的な分野を掘り下げて学び、じっくり実習出来るメリットがあります。学校により、授業料や養成の教育のノウハウ、実習先の確保レベルも変わりますから、自分にあった学校を探すことが大事です。